2019年7月27日土曜日

FEDELI Gizaオーガニックコットン プルオーバーシャツ




抜群の生地感が魅力のフェデーリのGiza(ギザ)オーガニックコットン カットソー。

ロンTの記事でもふれていますが、この優しくも高級感のある着心地は他では味わえないレベルではないでしょうか。


今回入荷したのは、同じ生地を使用したデザインバリエーションのプルオーバーカットソーシャツです。





カットソーシャツをプルオーバーにアレンジしたデザインで、ロングスリーブポロをよりドレッシーにしたような一枚。

一見ポロシャツのようですが、シャツ仕立ての衿とカフスによってポロとは雰囲気が異なります。


生地もカノコではなくマイクロスムース生地のため、サラッとした肌触りとスッキリした生地感がよりエレガントな印象に。

さらに、プルオーバーデザインのため、スポーティーな雰囲気も持ち合わせています。





台襟のあるワイドカラーで、衿腰がしっかり立つので首回りの印象もドレッシーです。

そのため、ジャケットやアウターのインナーに着てもバランス良く馴染んでくれます。





カラーはホワイト、グレージュ、ダークグレーの3色をピックアップ。

ナチュラルな色合いが大人のコーディネートにシックに馴染みます。





しなやかなマイクロスムースのメリヤス生地は、ほどよいストレッチ性もあり、極快適。

スベスベ、サラサラ、なうえ、しっとりと優しいタッチは一度着ると病みつきになりそう。

糸の良さももちろんですが、糸を生地にする技術にも長けているフェデーリ。生地の厚みと柔らかさのバランスも大切なポイントです。





カットソーではあまり見かけないタイプのダークグレーです。

スモーキーで、少しマットな感じに見えるシックな色合いがオトナな雰囲気。





シャツの代わりに、ジャケットやブルゾンのインナーにしてもOK。

柔らかな着心地なのでよりリラックスした着こなしが可能です。





シルエットも綺麗。ちょうど腰にかかるくらいの着丈なので、タックアウトで着ても野暮ったくなりません。

コートの下に一枚で着ても、ほどよいスポーティさと抜け感がうまく出る感じはプルオーバーデザインの恩恵でしょう。



最近ではコーディネートもリラックスした抜け感が大切です。

ですが、子供っぽくならないトコロも大事なポイント。




動きやすいのでゴルフなどのスポーツにもいいですね。

ジャケットを脱いでサッと腕まくりをすると、ちょっとできる人みたいです。

なによりこの極上の生地感が楽しめるカットソーは、やはりフェデーリならでは、ですね。



Giza organic cotton マイクロスムース プルオーバーシャツ:¥29,000 + tax

ホワイト
グレージュ
ダークグレー

 made in Italy (イタリア製)


M&M Website







 

2019年7月24日水曜日

SEASE 新ブランドの紹介




来年の春夏シーズンの展示会に行ってきたのですが、そこで素敵なブランドに出会いました!


イタリアのスポーティカジュアルウェアブランド  「 SEASE【 シーズ 】 」


サマーシーズンはヨットをはじめとしたマリンスポーツを、ウインターシーズンにはスキーなどスノースポーツをイメージして作られる大人のスポーティスタイル。



私が強く惹かれたのは、よくあるスポーツブランド違って、使っているテキスタイルが非常にエレガントなんです。


しっかりと防水性を持たせたジャケットながら、表地はウールのソラーロやネイビーのストライプ、リネンなど、スーツやジャケットを彷彿とさせるファブリックを使っています。

それを高いレベルでスポーティに落とし込んでいるので、アイテムが大人っぽくて格好いい。


色合いも非常にエレガントで、あっという間にコレクションの世界観に引き込まれてしまいました。



このテキスタイルは、いったい...?




ブランドの説明を受けるとすぐに納得できました。



それもそのはず、なんとあの Loro Piana(ロロ・ピアーナ)のファミリーブランドとのこと。

使っている素材はロロ・ピアーナの物で、独自開発した糸など、ブランドの本気度が違います。


どうりでエレガントなはずだ。






ヨットの帆が海面に映るシルエットをブランドのアイコンにしているように、ヨットのイメージをしっかりと打ち出しています。


ブランドのイメージPVも格好いいので、見てみて下さい。











SEASE   オフィシャル インスタグラム





















かなり本気のセーリングジャケットをはじめ、普段に着たくなるアイテムも多数ありました。

造りのレベルもめちゃくちゃ高い。

そのどれも素材感が素晴らしく、着心地も非常に良かったです。

ニットなんて、着てみると軽くて柔らかくてびっくりしました。



満足できる大人のスポーティカジュアルブランドに出会えた!という感じで、ホントに今後が期待できるブランドでした。


来年の春夏にはいくつかご紹介できると思いますので、楽しみにしていただけるとうれしいです。

M&M Website







 

2019年7月21日日曜日

manzoni24 ファーコート - Loro Piana カシミヤ × ヌートリア -




早くも、今シーズンのアウターの中で1番の目玉コートが届きました。



ハイクオリティーな素材と卓越した技術で、ラグジュアリー&エレガンスウェアを手がけるイタリアのアウターブランド manzoni24(マンツォーニ24)。


ミラノのマンゾーニ通りにショップを構え、ハイセンスなミラネーゼに支持されているマンツォーニ24が造るアウターは、気品を持ちながらもシンプルでセンスに溢れ、さりげない上質感は大人の色気を漂わせています。


そんなマンツォーニ24から届いた一着は、表地をカシミヤ生地、裏地はファーの総裏仕立てという、非常にラグジュアリーかつエレガントな仕上がりに。

ただならぬクラス感が漂います。





こっくりとしたマローネカラーのブラウンが素敵なカシミヤ生地は Loro Piana(ロロ・ピアーナ)社のファブリック。

カシミヤ100%です。

これ見よがしなツヤ感たっぷりのカシミヤというよりは、光沢を抑えたマットな色調で、しっとりとした大人の色気を感じさせます。





Loro Piana - Cashmere 100%





もとは毛皮の貿易会社からスタートしたマンツォーニは毛皮のスペシャリストでもあります。

メゾンブランドにもファーを供給している会社だけあってファーのクオリティも素晴らしい仕上がり。

シルキータッチのヌートリアファーは、艶やかで密度の高い柔らかな綿毛を使用しているため高い保温性と極上の肌触りで袖を通すたびに魅了し続けてくれます。






シルクのようなサラサラしたタッチとフワッフワの柔らかさに加えて、包まれるような温かさはリアルファーでしか味わえない着心地。

軽さや柔らかさはダウンやカシミヤコートでも味わえますが、この心まで溶かすような贅沢な着心地はやはり格別です。


世界的に減少傾向にある毛皮製品ゆえ、上質なファーコートとなるとおそらく今後さらに希少になってくるでしょう。






スタンドカラータイプのミドルレングスコートは、ドレスでもカジュアルでもお召しいただけるシルエット。


マンツォーニ24のいいところは、レディースを展開しているブランドだけあって、そのデザインに高いセンスが詰め込まれています。

クラシックになり過ぎないシルエットはどこかモダンな印象で、ただのゴージャスなコートとは違いエレガントな気品が感じられます。


しかも仕立てが丁寧。


メゾンブランドのコートも手掛けていることからもわかるように、イタリア広しといえどもこのクラスのコートが縫える会社は意外と少ないのですが、さらに素材もセンスも備わっているとなると、このブランドが貴重だということに気付かされます。





ファーコートながら軽い着心地も魅力。

真冬でも寒さ知らずな一着ですので、インナーは薄着で軽やかな冬を楽しんでいただけます。


manzoni24 ファーコート:¥680,000 + tax

 made in Italy (イタリア製)


M&M Website







 

2019年7月18日木曜日

FEDELI ハウンドトゥース コットンフリースパーカー


FEDELI フェデーリ


オトナが着られるスポーティーなパーカーとなると、満足できるものって意外と少ないかもしれません。

FEDELI(フェデーリ)から届いたジップアップパーカーは、そんな一枚を探している人にぜひオススメしたい一着です。


ビッグパターンのハウンドトゥースがアイキャッチなデザインながら、しっかりとエレガンスを備えたオトナ心をくすぐるデザインは、まさにフェデーリ流ラグスポスタイル。

クラシックとエレガンスとラグジュアリーをうまくパーカーに落とし込むテクニックは流石です。



FEDELI フェデーリ


スポーティーアイテムながら、古典柄をうまく使うことで奇抜になりすぎず、ビッグパターンで存在感を上げているバランス感はさすが。

素材の上質感や巧みな色使いがエレガントに印象付けています。



FEDELI フェデーリ


イタリアンな着こなしに欠かせないダブルファスナーももちろん装備。

少し大きめのファスナーは滑りもなめらかです。



FEDELI フェデーリ


リブのテンションも柔らかく、優しいタッチが好印象。



FEDELI フェデーリ


内側はアイボリーカラーのコットンフリース。

ふわふわに起毛させた優しい肌触りは、柔らかく暖かな着心地です。

上質な天然素材だけで仕上げているというトコロもうれしいですね。



FEDELI フェデーリ


外側のハウンドトゥースと対比するような内側の優しいアイボリーのコットンフリースがラグジュアリーな印象です。


秋口にはカットソーの上に軽く羽織ってアウター感覚でもお召しいただけます。



FEDELI フェデーリ


寒くなるとコートのインナーに着て、ハウンドトゥースのフードを衿から出せば、コーディネートのいいアクセント使いになります。




FEDELI フェデーリ


アームラインもスッキリとしたデザインで、少し短めの軽快な丈感がスポーティーです。

デニムやリブパンと相性がいいのはもちろんのこと、ドレッシーなウールパンツにも似合ってしまうのは、素材の上質さとデザイン性の高さゆえ。

旅行やゴルフなどアクティブな休日にもオススメですし、気軽にお洗濯できるので、焼き鳥や居酒屋にちょっと飲みに行ったり、な時にもいいですね。


FEDELI ハウンドトゥース コットンフリースパーカー:¥59,000 + tax

 made in Italy (イタリア製)


M&M Website







 

2019年7月15日月曜日

Sartorio ウール×シルク×リネン 1プリーツパンツ


Sartorio サルトリオ


KIRED(キーレッド)に続き、Sartorio(サルトリオ)の紹介です。

サルトリオもキーレッドと同じく Kiton(キートン)傘下のナポリブランドです。


今回届いたのはウールパンツ。

ジャケットやスーツのコレクションが多いサルトリオですが、じつはパンツも良くできています。


サルトリオは凝った生地セレクションに定評がありますが、ヴィンテージファブリックを現代的にアップデートしたような世界観は他ブランドでは見かけない生地も多数。



Sartorio サルトリオ


その中でも、今回は特別に、通常はジャケットに用いられるような少し肉厚のツイード生地でパンツを仕立ててもらいました。

なので、生地の表情が豊かで、ほどよいボリューム感がニットやアウターなどのカジュアルアイテムとも相性がいいです。


このメランジ調の綾織り生地はウールにシルクとリネンをブレンドしているので、複雑で優雅な光沢と表情があります。

サルトリオらしい凝った生地。

ツイード地といっても非常にしなやかなので、はき心地も抜群です。

暖かさと快適さも◎。



Sartorio サルトリオ


股上はあまり深くないので、お腹を圧迫しにくく、見た目もスッキリ。

このへんのクラシックすぎないバランス感が自然です。



Sartorio サルトリオ


裏地は全て黒で統一という、この潔さ。

こういうところに、逆に色気を感じます。

仕立ても非常に丁寧です。



Sartorio サルトリオ


ツイード調ながら、ちょっとツヤっとした感じがわかるでしょうか?

ウールにシルクとリネンをブレンドしてツイードの野暮ったさを打ち消しています。

しなやかで打ち込みもしっかりした、いい生地です。



Sartorio サルトリオ


シルエットは1プリーツのテーパードスタイルです。


今はワイドパンツやスリムシルエットなど色々なシルエットが選べる時代。

私もゆるいパンツスタイルやシャープなパンツも大好きです。


でも、ちょっと大人のエレガントスタイルで行きたい時は、太すぎず細すぎず、キレイ目なシルエットを選びたい。

まさに、そんな気分のシルエット。


仕事やプライベートにかかわらず、大事な人と会ったり、レストランやホテルなど、いわゆるどこに行っても素敵に見えるクリーンなスタイル。

でも普通だとちょっと嫌(笑)


そんな時に選びたい1本です。



Sartorio サルトリオ


裏返しても、カッコいい。



Sartorio サルトリオ


付属のパンツハンガーはMAINETTI製。

こんなトコロも素敵です。



Sartorio サルトリオ


こんな風にニット1枚にサラッと合わせたスタイルが今の気分。

出かけるときは、上からジャケットでもブルゾンでもダウンでもエレガントに決まりそう。



*身長176cm、体重62kg、細身体系で (Eur) 44を着用。


Sartorio / 1プリーツパンツ / ウール×シルク×リネン:¥49,000 + tax

 made in Italy (イタリア製)


M&M Website








 

2019年7月13日土曜日

KIRED カシミヤ リバーシブルコート


もはやKIRED(キーレッド)の「顔」と言ってもいいアイテム、カシミヤリバーシブルコートが入荷しました。


KIRED キーレッド


モデル名は「 PEAK 」


ナポリのイタリアンクラシコの老舗 Kiton(キートン)の系列ブランドとして立ち上げられたアウターブランドのKIRED(キーレッド)ですが、ブランドスタートから唯一継続して展開されているモデルがこのカシミヤコートです。


ゆえにその完成度は年々増していき、縫製もパターンも熟成されてきた感があります。



KIRED キーレッド


このリバーシブルコートの凄いところは、表にしても裏にしてもまったく遜色ないパターンと、そのどちらにも素晴しく贅沢な生地が使われています。


しかも、生地によってきちんとラグジュアリー顔とスポーティー顔が分けられており、そのどちらもが主役級という、他ではあまり真似できないクラス感を持っている1着です。



KIRED キーレッド


表側のしっとりと艶やかなカシミヤはカルロ・バルベラ社のファブリック。

もちろんカシミヤ100%です。

いつまでも触っていたくなるほどスベスベで気持ちいい肌触りは、ラグジュアリー感も◎。


こういう生地は屋外で見ると違いがめちゃくちゃわかります。

イヤラしくない光沢が本当にラグジュアリー。


生地の打ち込みもしっかりしているので、腕を曲げた時もヒジが抜けにくく、型崩れしにくいトコロもうれしいですね。



KIRED キーレッド


裏側はスポーティーなナイロン生地で、こちらはロロ・ピアーナ社のファブリック。

ナイロンといってもウールをブレンドしたウール×ナイロン生地で、化繊生地にありがちなシャカシャカ感はなく、光沢を抑えたマットな風合いのしっとりとした大人の雰囲気です。


しかも、ロロ・ピアーナのストームシステム®という高度なテクノロジーで防水防風性能を可能にした生地なので、出先の突然の雪や雨にも安心です。

また、防風性能もあるので、冬の冷たい風をカットしてくれるため、思った以上に防寒性が高いという超実用的な生地なのがまたまたうれしいトコロ。



KIRED キーレッド


カラーはダークブラウンのカシミヤとスモーキーブルーのナイロン。

イタリアらしいスポーティ&エレガントな配色です。

袖は筒袖で、返すと裏がチラッと見えるのでロールアップして着るのもオススメです。


ロールアップしても、どちらの面の生地もシワになりにくい所が地味にスゴイ。

ちなみに、衿の裏も配色が見えるので、後ろを軽く立てて袖をロールアップすると軽快な感じが出せます。



KIRED キーレッド


付属品にはカバー付きのハンガーとガーメントバックが付いています。

こんなに手の込んだ付属品は他ブランドでもあまり見かけません。



KIRED キーレッド


ポケットの中には小さなカバンのような小物が入っています。

じつはコレ、中にポプリが入っているポプリバッグなんです。

これをコートのハンガーにかけておくと、コートを着るときにフワッといい香りがするという、なんとも粋な心遣い。

こういうトコロに大人のエレガンスを感じます。




シルエットはヒザ上の軽快な丈感がスポーティな印象で、スーツはもちろん、ニットやデニムなどのカジュアルともコーディネートしやすいデザイン。

この軽快感がいい。

カジュアルダウンしてもちゃんと高級感やエレガンスをキープできるトコロ、ホント上手です。



カシミヤ リバーシブルコート:¥198,000 + tax

 made in Italy (イタリア製)


オンもオフも使えて、素材感も耐候性もあるので旅行や出張のお供にもオススメです。

M&M Website







 

2019年7月5日金曜日

FEDELI Gizaオーガニックコットン カットソー


FEDELI フェデーリ


フェデーリがシーズンを問わず年間を通して継続展開しているカットソーシリーズ。

中でも特に気に入っているのが、この Giza オーガニックコットンを使ったシリーズです。



FEDELI フェデーリ


コットンといってもピンからキリまでありますが、上質な生地を作ろうとすると原料の1本1本の繊維が長い物が必要になってきます。

通常の繊維の短い綿に対して、繊維の長い物は「超長綿」と呼ばれ、丁寧に栽培・管理されています。


その超長綿ですが、中でも有名なのが世界4大コットン。


産地によって品種が分かれていて、西インド諸島カリブ海で採れる「シーアイランドコットン」、アメリカ南西部で採れる「スーピマコットン」、中国の新疆ウイグル自治区で採れる「新疆綿」、そしてエジプトで採れる「Gizaコットン」。


エジプト綿は高級綿として耳にしたこともあると思いますが、世界的にも評価が高く、中でもナイル川流域の一部のみで採れる希少なコットンは「Giza (ギザ) コットン」と呼ばれ、最高級の綿として取引されています。



FEDELI フェデーリ


そんなGizaコットンですが、FEDELIのこのカットソーに使われているコットンはその中でも無農薬・有機栽培で育てられた「 Giza オーガニックコットン」を使用しています。

最高ランクの繊維で、さらにオーガニックという念の入りよう。

しかも、FEDELIは原料を糸にする紡績から生地生産まで自社で行なっています。


では、実際のところ何が違うのか?


まず、肌触りが非常になめらか。

コットン100%なのにガサッとした感じはまったくなく、しっとりとした優し〜い肌触りです。

よくシルクのような肌触りと言われるシルケット加工されたコットン(マーセライズドコットン)がありますが、それと比べるとよりナチュラルな優しさで、心地よさや快適性は断然こっちが上です。


そして発色。

糸に柔らかな艶があるため、色が非常に綺麗に見えます。

濃色のネイビーやブラウンでも奥行きのある上品な感じに。ホワイトも透明感のあるスッキリとした印象がとてもクリーンです。


オーガニックなのでアレルギーの心配もなく、肌が敏感な方にも安心して着てもらえるところもいいですね。



FEDELI フェデーリ


そんな Gizaオーガニックコットンのカットソーですが、今回入荷したのは長袖のクルーネックタイプ。

いわゆる、ロンTです。


FEDELIのロンTのいいところは、オトナが一枚で着てもサマになる上品さでしょうか。

少し詰まったクルーネックは首元がダラシなくならないデザインで、クリーンな印象に。

アームも細く、ボディのシルエットもバランス感がいいので、上からニットやカーディガンを着ても快適です。



FEDELI フェデーリ


着用写真はこんな感じ。

丈感もちょうどいい。

タイトすぎずルーズすぎないシルエットで、素材感も上質なのがわかります。



FEDELI フェデーリ


このカラーは新色のブラウン。

デニム + ロンTなのに、なぜか子供っぽくなりません。



FEDELI フェデーリ


ネイビーとブラウンはサイズ44ですが、ホワイトは1サイズアップして46を着てみました。

少しゆったりしたリラックスした雰囲気になります。

*身長176cm、体重62kg、細身体系でネイビーとブラウンは (Eur) 44、ホワイトは (Eur) 46を着用。



今くらいの季節だと一枚で着るととても気持ちいい。

夏はショーツと合わせたコーディネートも外国っぽい着こなしで格好いいと思います。

クリーンなカットソーなので、シャツの代わりにジャケットの中に着てもいいですね。

FEDELIが得意とするカシミヤニットのインナー使いにもバッチリ。

旅行に持っていくのもいいですね。


Giza organic cotton クルーネック ロングスリーブカットソー:¥23,000 + tax

ホワイト
ダークブラウン
ネイビー

 made in Italy (イタリア製)


M&M Website